巡回監査士

 TKC全国会では、平成24年4月より上級実務試験合格者を対象に、新たな資格制度として「巡回監査士」を創設いたしました。
 「巡回監査士」は、コンサルタント系の民間資格認定団体では最も権威のある社団法人全日本能率連盟(以下、全能連)の登録資格として、TKC会員事務所だけでなく一般的に認知される「履歴書に書ける資格」です。
 「巡回監査士」には認定証および「巡回監査士バッジ」が贈呈されます。
 当事務所では、2名が認定を受けています。
 「巡回監査士」は2年更新で、TKC全国会中央研修所が定める研修を2年間に36時間履修することが必要です。
 当事務所では、TKC全国会の研修へも全員が積極的に参加し、「巡回監査士」の認定を目指して、日々自己研鎮を積んでいます。
 常に変動する経済環境への対応力が求められ、月次巡回監査の重要性はますます高まっております。
 「巡国監査士」として、監査員は更なるスキルアップを図り、お客様へのサポート体制を強化していきます。

巡回監査士